風呂敷の伝統的な柄|風呂敷の卸専門店によるオリジナルデザインの特注製作・販売・名入れならお任せ下さい。

この度は、【風呂敷の卸】をご覧頂き有難うございます。熟練の職人達の染色・印刷の技術を最大限に活かし必ずやお客様に満足して頂ける、商品を通販専門店として1枚から販売致します。

低コスト・短納期をコンセプトに掲げ大量ロット時では業界最安値を意識した激安・格安ふろしき制作を追及致します。

風呂敷の卸イメージ画像
 

トップページ>風呂敷の伝統的な柄

風呂敷の伝統的な柄

日本伝統の文化品である風呂敷は、古来から様々なオリジナルの柄がプリント印刷され作成されてきました。

そこでここでは代表的ないくつか特注ふろしき制作に利用される柄を紹介していこうと思います。オリジナルデザインのオーダー作成の参考までにご覧頂ければ幸いです。


唐草(からくさ)

風呂敷と聞くと緑地に白色のこの模様を思い浮かべる方も多いのではないかと思われるほど、最もポピュラーで代表的な模様と言えます。唐草という植物は実際にはなく、これは「中国から伝わった植物模様」という意味の言葉となります。ツタやツルが絡み合う様子を表す模様であり、強い生命力でどこまでも伸びていく様から、長寿や子孫繁栄の象徴ともされています。

ふろしきのこの模様は実は日本文化の中で生まれた独自のものではなく、古代エジプト文明にもこの原型はあったとされており、それがシルクロードを通って中国から伝わったようです。


麻の葉(あさのは)

麻の葉はその名の通り「麻」の葉の形を連想させる模様で、正六角形を基本とした幾何学模様になります。平安時代の仏像の中からもこの模様が見つかっていることから、かなり古くからあることがわかります。麻は丈夫で真っ直ぐに伸びることから、子供の産着の柄として風呂敷以外にもさまざまに利用される風習があり、また江戸時代の頃に歌舞伎役者この模様の着物を着たことから大流行し、それ以来、町娘役の衣装には欠かせない柄となりました。


鮫小紋(さめこもん)

細かい点で円弧形を描き、それを重ねていく上品な風呂敷の模様です。基本的には背景色は一色で点は白で描かれることが多く、鮫の皮のように見えることからこの名が付いたとされています。


青海波(せいがいは)

半円形を三重に重ねて、波のように繰り返して作られた風呂敷の模様です。江戸時代の中期頃に生まれたこの模様は基本的には青色が使われることが多いのですが、それ以外にも様々な配色で製作されています。ふろしき以外にも和菓子の箱などによく利用される模様です。


ひょうたん

ひょうたんの独特の形を散りばめることで柄とする模様が風呂敷にはあります。植物のひょうたんは種が多いのですが、そこから子孫繁栄などを願うシンボルともされており、またひょうたんのツルは絡みつきやすいことから、商売繁盛の象徴ともされています。


このような伝統的な柄はもちろんのこと、お客様が考案されたどんなデザインであれ、お安い価格でも精巧に風呂敷を制作販売することが可能です。ネット通販型だからこその激安価格で承りますのでお気軽にお申し付け下さい。またデザイン自体のオリジナル製作も格安で承っております。


大量ロット専用お見積り 通常ロット専用お見積り フリーダイヤルからもお問い合わせはお気軽に。

風呂敷の卸ロゴマーク

フリーダイヤルでのお見積もりも大歓迎!

風呂敷生地詳細